Skip to content

親の遺産相続の際に私が素直に感じたこと

親から遺産を相続した時に私が感じたのはやはり親の遺産はほとんどないに越した事はないと思いました。大阪の不動産相続でお悩みならなぜなら中途半端に受け継ぎたいと思える資産があるとそれで親族間で争いになると思ったからです。

しかも私の親は事前に誰がどの部分の資産を受け継ぐかという遺書を残していました。
そういう遺書がなければ特に大きな争いもなく普通に遺産相続して終わるのですが
私の親はそういう考えを持っていなかったので遺書で誰がどの資産を受け継ぐかという事を事前に
決めていました。

そういう事もあって私は遺産相続の時に受け継ぎたいと思える資産はほとんどない方が良いと思いました。それで我が家では実際に親がほとんどお金になるような資産を持っていなかったので遺書で誰がどの部分を相続するかでも特に揉める事はありませんでした。

むしろどの遺産もいらないというくらいの物しかありませんでした。
なので少なくとも親が遺書を作って誰がどこを相続するかという事で大きな問題がなくて良かったです。