Skip to content

税金も考慮したい相続不動産の売却手続き

数千万円単位の価値のある不動産を親から相続した場合、大阪付近の相続相談なら換価手続きを経て相続をしたいと考えている相続人も多いのではないでしょうか。売却手続きまでには少し時間がかかりますが、一度に数百万円から数千万円単位のお金を手にすることができます。相続人の誰かが居住するのでなければ、この方法で相続手続きを進める人も結構います。

親から相続した不動産を売却する場合、税金についても考慮しておいたほうがよいでしょう。不動産を売却して売却益が出ると譲渡所得税と住民税が課税されます。不動産の保有期間によって課税率が変わってきますが、その期間が短いと高い税金を支払わなければならないケースも出てきてしまうのです。したがって、相続できる金額は当初自分が考えていた額よりも大幅に少なくなってしまうことも出てきてしまいます。譲渡所得税や住民税は、相続不動産の取得価額よりも売却価額のほうが高いときに課税されます。したがって、値上がりしてそうな不動産を親から相続している場合は注意が必要です。